内部の秘密について


一般の乗客はなかなか乗ることが出来ないドクターイエロー。ドクターイエローの車両は7両編成となっており、その内部は特別な設備が搭載されています。新幹線は日本の鉄道技術の最先端が詰まっているため、その内部は機密情報である場合も多く、特別な機械や設備があるところは窓が開かれないほど、厳重な管理体制が敷かれているのです。ではドクターイエローの内部はいったいどうなっているのでしょうか。

まず、1号車には電気検測室があり、2号車には電気測定機器があります。3号車と5号車にはパンタグラフ測定の観測ドームがあり、こちらのカメラで収めた情報が1号室のモニターで確認が出来ます。4号車には軌道検測室があります。これはレールの歪みを調べる役割があり、レーザーを使って状態を調べるのです。さらに、6号車にはパンタグラフ測定の観測ドームや休憩室が設置されています。7号車は視察などに使われる座席があり、700系の客車とほぼ同じ作りになっているのです。

ドクターイエローの内部は普通の新幹線と比べると大きく違いがあります。特別な設備が搭載されているため、その内部にも秘密が多いです。このような秘密が多いところもドクターイエローの魅力の1つです。