運行区間について


東海道新幹線と山陽新幹線の区間をドクターイエローは走行しています。具体的に言えば、東京駅から博多駅の間です。この区間を2日間かけて往復し、その路線の状態をチェックしているのです。10日に1回くらいのペースで運行しているので、たまたま見かけたという人はラッキーですし、線路に止まっているところを見るというのは、もっと珍しいケースだと言えます。

ドクターイエローのダイヤは、駅を飛ばしながら走行しているのぞみダイヤと、新幹線駅をすべて止まりながら運行するこだまダイヤがあります。のぞみダイヤは1ヶ月に3回の運転を行なっており、こだまダイヤは2ヶ月に1回の運転です。さらに、JR東海が所有しているドクターイエローと、JR西日本が所有しているドクターイエローがあり、それぞれ、東京の車両所をベースとしています。1日目はJR東海の担当が乗り、新大阪駅までを検査します。そこから大阪府の鳥飼車両基地でJR西日本の担当者と交代し、博多総合車両所まで走行します。2日目は博多から東京まで点検しながら帰るルートとなります。

ドクターイエローは東京から博多までを運行します。途中担当する管轄が異なるため、担当者を引き継ぎながら運行していくという特徴があります。