仕事内容について


ドクターイエローは、新幹線の走行を安全に行うために走っている新幹線です。「ドクター」という名前が付いているため、お医者さんが乗っていると勘違いしている人もいますが、それは違います。また、故障中の新幹線を修理するような機能も備わっていないため、間違えないように気を付けましょう。

ドクターイエローが具体的にどのような仕事内容をしているかというと、実際に新幹線の路線を走行しながら、様々なデータを採取、分析します。そして、その中でおかしな数値を示したものがあったら司令室に連絡し、点検を行うのです。現場で設備を直すときにも、ドクターイエローが採取したデータを分析して工事に役立てます。区間によって一定の工事をすれば効率が良くなるというわけでもないので、ドクターイエローの示す具体的な数値が非常に役立つのです。東海道・山陽新幹線の安全な走行は、ドクターイエローが支えていると言っても過言ではないでしょう。

安全神話を誇っている新幹線の走行は、ドクターイエローが守っています。実際に路線を走行することによって、その路線に異常が無いかをチェックするのです。実際に行われる現場の修理においても、そのデータが活用されます。