新幹線を点検する新幹線


新幹線のホームで人だかりが出来ていると、大物有名人がいるという他に、ドクターイエローが停車しているという可能性があります。その様子はSNSなどで大きな反響を得るなど人々からも関心が高いです。「ドクターイエローを見ると幸せになる」ということもまことしやかに囁かれるほど、その存在が知られるドクターイエローですが、そもそもどのような役割を持っている新幹線なのでしょうか。

ドクターイエローは、新幹線が安全に運行するための点検やデータの採集を行うというものが仕事内容です。黄色の理由は夜間の工事中であっても、その存在にいち早く気付けるようにというものと、ホームで乗車していても間違えて乗客が乗らないようにするというものがあります。運行区間は東京から博多間、大阪で管轄の引き継ぎが行われます。代替わりは2回行われており、現在は3代目です。一般客は乗ることが出来ず、限られた技術者や視察のためだけに乗車が許されます。最高速度は通常の新幹線と変わらないため、正確なデータを取ることが出来るだけでなく、ダイヤも守ります。特別な設備が搭載されているため、普通の新幹線とは内部構造が変わっているというところも特徴の1つです。

幸せを告げると言われるドクターイエロー。「乗客の安全な旅路を守る」という意味で言えば、その言葉もあながち間違いではないかもしれません。ミステリアスな魅力が詰まったドクターイエローについて知りたい人は是非この記事を読んでみてください。


▼当サイト関連ピックアップサイト
ドクターイエローは東京を出発し新大阪を通過するので、東海道新幹線を利用すれば見ることができるかもしれません。東京新大阪間の新幹線チケットをお得に購入できるサイトをご紹介します ≫ 新幹線 東京 新大阪